幼児虐待について(CAの場合)  6月2010年



DSCF2097もうすぐ夏休みですね。家族で遠出する機会も増えます。他の家族との交流もあるでしょう。日本から遊びに来る親戚もいるかもしれません。楽しい休みですが、子どもがはめを外しすぎたら、安全の為にも叱らなくてはいけません。でも、他人の子どもだったら、どうやって叱りますか?他の家族の子どもの躾に疑問がありますか?躾と称して、体罰や、言葉の暴力で子どもを傷つけてはいませんか?アメリカでは、児童虐待を取り締まる為の厳しい法律があります。皆さんは、どの程度ご存知でしょうか?

Physical, Psychological, Emotional Abuse and Neglect-

まず、体罰はいけません。小さい子どもを躾けるために、危ないことをした時にお尻を軽く叩くぐらいでは、警察は来ませんが、物を使ったり、痕が残る程叩いたりするのは厳禁です。 暴力は、怒りと悲しみを植え付けます。体罰を与えられた子どもは、身体だけではなく、精神的にも深く傷を負います。それよりももっと有効な躾の方法があります。本当に体罰が必要でしょうか?あなたのフラストレーションのはけ口になっていませんか?
大きな声で、「馬鹿」だとか、罵るのは言葉の暴力です。子どもを無視するのは精神的虐待です。子どもに必要な食事を与えない、小さい子を一人きりで留守番をさせるなども、ネグレクトとして、児童虐待とみなされます。いずれも、意図的、継続的にした時に適用されるのであって、事故で子どもが怪我をしたとき等には、児童虐待とはみなされません。

児童虐待法は、保護者を苦しめる為にあるのではなく、子どもと、その家族を守る為に作られました。本来ならば、子どもを守る立場にあるはずの大人が、子どもを虐待しているケースは、残念ながら後を絶ちません。従って、子どもと接する立場にある教育者、医師、カウンセラー等は、児童虐待の可能性がある場合には、行政に通報する義務があります。それ以外の人達は、匿名で通報することが可能です。Child Protective Service か、最寄りの警察に連絡して下されば、トレーニングを受けたソーシャルワーカーが状況を判断して、虐待の可能性があると判断した場合にのみ、子どもと保護者にインタビューします。記録はデータベースに残りますので、一回の通報で行政が動かなくても、あきらめないで下さい。親類の助けもなく、ストレスが溜まって、どうしようもなかった家族が、通報をきっかけに行政の介入をうけ、家族全員が恩恵をうける場合も少なくありません。子どもの安全が第一です。後で後悔するよりも、まずは相談してみましょう。

Child Protective Services (CPS) /Santa Clara
http://www.capcsac.org/about-capcs
408-299-2071 San Jose
415-493-1186 North County
408-683-0601 South County